本文へスキップ

磯部行政書士事務所へお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせはTEL.044-572-3276

お問い合わせはこちら

配偶者ビザSpouse visa

日本人と結婚した外国人が日本に住むためには、この「配偶者ビザ」を取得する必要があります。このビザは、「婚約した」だけでは取ることはできず、入籍することが条件となります。しかし、入籍したからといって必ず取れるかというとそういうものでもありません。なぜなら残念ながら偽装結婚や結婚詐欺などがある以上、入管でも厳しくチェックしているためです。入籍したが、ビザの取得ができないと夫、もしくは妻と一緒に日本で暮らすことはできません。ですので、私たち夫婦は偽装結婚ではないということをしっかり主張・立証していく必要があります。当サイトでは、申請書のダウンロードや必要書類等も載せてありますので、ご活用ください。また、ご相談も随時受付けております。
ここでは、「日本人の配偶者等」・「永住者の配偶者等」について詳しくご説明いたします。


【日本人の配偶者等】
「日本人の配偶者等」とは、@日本人の配偶者もしくは民法第817条の2に規定されているA特別養子又はB日本人の子として出生した者のことをいいます。
それぞれ@〜Bについて詳細に見ていきます。

@「配偶者」…現に婚姻中の者のことを言います。死亡した者、離婚した者は含まれません。法律上有効な婚姻であり、内縁の妻や夫では認められず、形式的にも実質的(同居など)にも認められるものでなければなりません。

A【特別養子】…特別養子は、戸籍上養親の子となり実親との親子関係がなくなる点で普通養子と異なります。普通養子では当該在留資格は認められません。

B【日本人の子として出生した者】…実子のことをいいますが、嫡出子のほか、認知された非嫡出子も含まれます。ただし、その外国人の出生時に、父又は母のいずれかが日本国籍を有していた場合、又は本人の出生前に父が死亡し、かつ、その父の死亡の時に日本国籍を有していた場合でなければなりません。
なお、本人の出生後父又は母が日本の国籍を離脱しても、差し支えありません。


【永住者の配偶者等】
「永住者の配偶者等」とは、永住者の在留資格をもって在留する者、入管特例法に定める特別永住者の配偶者又は永住者・特別永住者の@子としてA日本で出生し、B引き続き日本に在留している者のことをいいます。
配偶者については、上記の概念と同じであり、ここでは@〜Bについてみていきます。

@「子として」…嫡出子のほか、認知された非嫡出子も含まれます。ただし、特別養子も含め、養子はこの在留資格には該当しません。


A「日本で出生し」…外国で出生した子は含みません。外国で出生した子は「定住者」の在留資格を取得します。

B「引き続き日本に在留している者」…出生以来、日本に生活の本拠を置き、在留しているという意味です。

磯部行政書士事務所

information店舗情報


(平日:9:00〜18:00)