本文へスキップ

磯部行政書士事務所へお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせはTEL.044-572-3276

お問い合わせはこちら

在留資格変更許可申請

「日本人の配偶者」必要書類

配偶者ビザの申請は受付されたらそれで終わりではなく、その後の審査の過程で疑問点が生じると、追加資料の提出が求められます。
提出した書類の記載内容と追加で提出を求められた書類の記載事項に相違があると難しい状況になります。
下記の書類は、
一部でありお客様の状況により、追加で書類が必要となるケースもありますのでご注意ください。
○「申請人」とは、日本への入国・在留を希望している外国人の方のことです。

◆必要書類
1 在留資格変更許可申請書 1通
2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉 
※ 申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
※ 写真の裏面に申請人の氏名を記載し、申請書の写真欄に貼付して下さい。 
3 配偶者(日本人)の方の戸籍謄本 1通 
※ 申請人との婚姻事実の記載があるもの。婚姻事実の記載がない場合には、戸籍謄本に加え婚姻届出受理証明書の提出をしていただきます。 
※ 発行日から3か月以内のものを提出して下さい。 
4 申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書 1通 
※ 申請人が、韓国籍等で、戸籍謄本が発行される場合には、お二方の婚姻が記載された外国機関発行の戸籍謄本の提出でも差し支えありません。 
5 配偶者(日本人)の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通 
※ 1月1日現在お住まいの市区町村の区役所・市役所・役場から発行されます。
※ 1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。 
※ 配偶者(日本人)の方が申請人の扶養を受けている場合等、上記5を提出できないときは、申請人の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)を提出して下さい。
※ 発行日から3か月以内のものを提出して下さい。 
6 配偶者(日本人)の方の身元保証書 1通 
※ 身元保証人には,日本に居住する配偶者(日本人)の方になっていただきます。 
7 配偶者(日本人)の方の住民票(世帯全員の記載のあるもの)1通 
※ 発行日から3か月以内のものを提出して下さい。 
8 質問書 1通 
9 スナップ写真(夫婦で写っており、容姿がはっきり確認できるもの)2〜3葉 
10 パスポート 提示 
11 在留カード又は在留カードとみなされる外国人登録証明書提示

磯部行政書士事務所

information店舗情報


(平日:9:00〜18:00)